• ABOUT US
  • CARRER PLAN
  • RECRUIT INFO

WORKS 具体的な仕事やミッション、リクルートへの入社理由について

一覧へ戻る

海外戦略の策定・推進や、海外子会社の経営ガバナンス体制を検討・構築する企画マネジャー

MISSION

リクルートのグローバル戦略を成功へ導くための、戦略立案・ガバナンス体制の構築

リクルートホールディングスには、「グローバル No.1」「海外売上比率50%」という目標があります。私の仕事は海外事業統括室のマネジャーとして、これらの目標を達成するための戦略を策定すること。また、海外の子会社に対して、経営状態に問題は無いか、業績は当初の期待通りに出ているかをモニタリングするとともに、追加投資の必要性についても検討しています。対象となるのは、北米の人材派遣会社やオンラインHR会社等に加え、アジアの人材派遣会社やオンライントラベルエージェンシー等、リクルートの海外子会社全てです。
日々の業務は会議が多いですね。主にリクルートから派遣している各子会社の経営層、RHD内の関係部署と会話します。統括室からの要望を伝えると、「こちらにはこんな事情があるから、すぐには難しい」と回答が来ることもあります。こうした健全なコンフリクトに対して、「少しでも状況を変えていくにはどうしたら良いか」を一緒に考えています。
グローバルビジネスと対峙する際に慣れなければいけないことの一つに、各国特有の季節性があります。例えば日本の旅行業界はお盆にピークを迎えるけれど、国によって宗教上の理由などからピークとなる時期が異なっており、その期間に急激に売上上昇が起きるといった事情があります。多様な国・ビジネスの特性を把握するには、少し時間がかかりそうです。
これまでは日本ベースだったのですが、ニューヨークに法人を作ったので、この先はここを主要拠点として、よりマーケットに近いところで仕事をすることになります。

WHY RECRUIT

決められた枠が無く、自由に仕事をさせてくれる風土がいい

リクルートに転職したのは、私がやりたい仕事であるグローバル戦略や事業が比較的やりやすい企業だと思ったから。資金を持っていて、海外に向けて積極的に投資しようとしていますから、チャンスが多いと考えました。本社が日本なので経営に近く、また、いわゆるオーナー企業ではないため、民主主義的に意思決定がなされるだろうというのも決め手になりました。
入社してみると、やりたいことをやらせてくれる風土が気に入りました。例えばニューヨークに法人を創る時、ボードから「海外に行こうと思っている」と聞いたので、「こんなタイミングで、ここに創りましょう」と提案したら設立リーダーを任せてくれました。今は現地で、本来の海外戦略の策定から、現地オフィスの文房具や複合機の導入まで、幅広い領域を自分で検討しています。決められた枠が無いのが、リクルートの良いところです。
枠が無いといえば、こんなこともありました。「日系大手クライアントを200名位招待して、海外からスピーカーを呼んで講演会を開催し、アジアの営業とのネットーワーキングができる場を作ろう」という話が下りてきたんです。目的はリクルートのグローバルビジネスをアピールするためとのことだったのですが、私が今まで在籍した企業ではこんな風に、本来の仕事とは異なる業務を担当する機会はありませんでした。
部署内にイベントを開催したことのある経験者はおらず、「そんなこと、できるんだろうか」と皆と話していたのですが、これが案外できてしまって。ものすごく苦労しましたが、盛況のうちにイベントは終わり、こんな"想定外"も時には面白いと感じました。

FUTURE & MESSAGE

機微なコミュニケーションに対応できる力が、ビジネスの現場で求められる

次にやりたいのは海外子会社の経営トップ。もともと、経営者になるのが私の希望です。業種は特にこだわりません。ただ国は、エマージングな所がいいですね。例えばブラジルとか。成長市場ではいろいろなことが起きるので、そこで経営することに興味があります。予定調和だったら、私がやる意味はないと思うんです。新しいことを始めるのが好きですし。
この先リクルートホールディングスでグローバルに活躍できるのも、何でも面白いと感じて新しいことにチャレンジできる人。それからフットワーク軽快に動ける人。コミュニケーション力はマストです。語学力という意味ではなく、物事の本質を捉えて相手の気持ちを考えながら会話できること。機微なコミュニケーションが必要な場面は多いです。

PROFILE

大谷めぐみ

大谷めぐみ
海外事業統括室
海外事業統括部
企画・市場調査グループ
グループマネジャー
(2015年1月時点)
大学院博士前期課程で精密科学を研究。就職活動を行う中で金融・経営の仕事に興味を持ち、修了後は外資系証券会社、外資系コンサルティング会社等で活躍。リクルートホールディングスへ転職する直前の仕事は、クロスボーダーのM&Aに関するコンサルティング業務。2012年リクルートホールディングスに入社。
リクルートへの入社理由
私がやりたいグローバル事業をやりやすいのがリクルートだった。
  • 01 人材採用戦略
  • 02 海外事業統括
  • 03 リクルートID・ポイント戦略
  • 04 社外広報戦略
  • 05 CSR戦略
  • 06 グローバル投資戦略
  • 07 海外人事戦略
  • 08 経営企画